子供の頃、家に足踏みミシンと古いトルソーが置いてある部屋があった。
母が着ていた自分の服にハサミを入れ、一まわりも二まわりも小さく切った布を接ぎ合わせていく。
しばらくすると
「ほうら、出来たわよ」と、
ひと仕事を終えた母がパンパンッと糸くずを払いながら見せてくれたのは、私のために作ってくれたカラフルなチェック柄のワンピース。
背中が丸く切り込まれたデザインで、衿元と袖刳りには真っ白な切り替えが付いていた。
どこか「大人っぽい」子供服。
お出掛けする時はいつも母のお手製の服を着て、周りの大人達に誉められるのが自慢だった。
すごく奇抜でもない、でも普通とも違う、どこのお店にもない服・・・。
時が経っても忘れる事のない、あの頃の喜びと温もりと優しさ。
今、その時の思いを込めてAKKA EM STUDIOで一枚一枚丁寧に服創りを始めました。
一人でも多くの皆さんに、温もりと優しさを感じていただければ、とても嬉しく思います。

 
 
 
世の中の流行(=はやり)に左右されず、自分に合うものを流行(=ファッション)として個性を表現できる、知的で自立した女性達のワードロープ。
デザインやシルエットのみならず、素材や仕立てもきちんと見極める感性と、幾つになっても好奇心と遊び心のあるライフスタイルを持つ女性が、いつまでも大切にしたいと感じるファッションを提案します。